カテゴリー別アーカイブ: 未分類

剃ったそばから伸び出してくる髭にうんざりして

毎日朝夕、2度は必ず手入れしなければならない私の髭。歳を取るにつれその存在自体を認め、妥協する心も身に付いてきましたが、それでもケアの度に多少なりとも面倒臭さを感じるのは、今も昔も変わりありません。

特に気になるのは朝方の手入れ。私の髭の伸びるピークはちょうど午前中の前半にあるらしく、これは私にとって通勤途中から朝一の仕事にかけての時間帯に当たるのです。早朝に起床しすぐに髭を剃り、綺麗に剃り上がったと思っていても、会社に着いた直後に顎や口周りを触ると、早くも次の髭が伸び出し、不快なジョリジョリした感触が手に付くのです。

案の定、鏡を見れば既に顎や口周りが青くなり始めており、こんなみっともない顔のまま一日を過ごさなければなりません。
現在はさすがに反省し、職場のトイレで髭を剃る様になりましたが、シェーバーやクリームを持参する分鞄が膨らみみっともなくなる上、中身に余裕も無くなってしまいます。

一時は適度に髭を脱毛しようと考えた事もあったのですが、元々肌が弱く、ちょっと強くシェーバーを当てただけで肌が赤くなってしまう私には不適、と諦めてしまっている部分もあるのです。

もう少し肌に優しく済ませられる脱毛法があれば、試してみたいと思っているのですが…

肌へのダメージが少ない毛穴ケアの方法

 

 
鼻の毛穴の黒ずみには皮脂がたまっているため、角栓用の毛穴パックを使用していました。
 
それでも剥がす時の皮膚への負担の割にはそれほど綺麗になった気がせず、ビリッと剥がしたパックの表面にウブ毛が張り付いているのですが、その割には肌は変わらず、自分の肌はこんなものかな?と黒ずみ毛穴は自分の顔には当り前にあるものだと思うようになっていっていました。
 
ある時、エステサロンの痩身施術の際に、指の先で毛穴の角栓を比較的簡単に絞りだしてもらう機会がありました。
 
それ以後、自分でも皮脂がたまっていると思ったときなどには、2週間に一度ほどの割合で、毛穴の皮脂を絞りだすようにしてみると、少しずつ毛穴が小さくなって、毛穴が目立たなくなって黒ずみにまでならなくなりました。
 
必要以上に力を入れると傷になって、傷跡が残る可能性もあるので、やさしく絞り出すイメージです。
 
角栓をすべて出しきる必要はなく、少しでも絞りだすのと、放置しているのでは肌の状態が全く違うので、自分なりに無理のない範囲で実践していました。
 
その後、引締め化粧水を使うだけですが、化粧をする時に、黒ずみを隠すほどファンデーションを塗らなくてもよくなりました。
 
でも最近はもっと手軽に肌を傷めず毛穴のケアができる、マナラホットクレンジングゲルが人気のようですね。
 
同時にエイジングケアもできるようで気になっています。
 
 

おでこニキビに悩む私が選んだビーグレンのニキビケア

昔からなぜかおでこにニキビができやすく困っていました。洗顔や基礎化粧品、食事にも気をつけていたんですが、気がつくとおでこにぶつぶつと…中学生の頃から最近まで、ニキビが恥ずかしくて人前でおでこを出すことができませんでした。

そんな私が様々なニキビケア用品を試して、一番自分に合っていると感じたのがビーグレンでした。

ビーグレンのニキビケアは、洗顔料と化粧水と美容液とクリームの4つでワンセットになっています。
まず洗顔料を使ってみて驚いたのが、洗い上がりのしっとりさでした。洗い心地も優しくて、クレイ洗顔のなめらかさがお気に入りです。

化粧水と美容液はどちらも少しトロッとしていて、お肌に馴染みやすいテクスチャーです。刺激を感じることなく、しっかりとお肌に浸透させることができます。

そして私の1番のお気に入りのクリームですが、ちょっぴりお値段が張るので毎日は使えていません。でも特別な日の前日から使うだけで、お肌の瑞々しさや透明感がはっきり感じられるんです。クリームを使った日は鏡を見るのが楽しくて、化粧ノリも良くて本当に助かってます。

おでこのニキビは、ビーグレンのおかげでできる頻度ががくんと下がりました!
もちろん食べ過ぎ飲み過ぎの翌日にはぽちっと現れたりしますが、以前のようなぶつぶつニキビとはお別れです。

恥ずかしくて上げられなかった前髪も、最近はアレンジに挑戦しておでこを出すヘアスタイルにしたりもしています。
おでこを出すと随分印象が変わるようで、友人に驚かれたり褒められたり…なんだか嬉しくて笑顔がとまりません!