キャッシングを利用する前に金策はできる

私は以前に消費者金融でキャッシングをしました。その時は、毎月毎月利息も含めた多額の返済を行っており、キャッシングをしたことに後悔しました。一時消費者金融の貸し出し可能枠を、まるで自分のお金のように思う時期があり、限度額いっぱいまで借りてしまう結果となったのです。

しかし、このようになる前に何とかなったのではないかと今さらながら思うことがあります。消費者金融でキャッシングをすると高い利率の利息が付きます。私の利用した消費者金融では18%の利率です。このような高利のサービスを使わなくても、何点かお金を捻出する方法があったと今では思います。

まず一つは、会社の財形貯蓄制度を解約して貯めていたお金を引き出すことです。これは自分で貯めた貯金を下ろすだけなので、利息を付けて借りる必要が無かったのです。キャッシングをする前にこれに気が付かなかったことを非常に悔やんでいます。他には、契約している保険の契約者貸し付け制度を利用することです。これも利息は付きますが、消費者金融よ全然低い2~3%程度です。しかも、毎月の返済は必須ではなく、できるときにできる金額を返済するというものなので、消費者金融の返済のように苦しむ必要はなかったのです。

これからキャッシングを考えている人がいましたら、すぐに消費者金融に走るのではなく一度身の回りの金策手段を考えたほうが良いと思います。