肌へのダメージが少ない毛穴ケアの方法

 

 
鼻の毛穴の黒ずみには皮脂がたまっているため、角栓用の毛穴パックを使用していました。
 
それでも剥がす時の皮膚への負担の割にはそれほど綺麗になった気がせず、ビリッと剥がしたパックの表面にウブ毛が張り付いているのですが、その割には肌は変わらず、自分の肌はこんなものかな?と黒ずみ毛穴は自分の顔には当り前にあるものだと思うようになっていっていました。
 
ある時、エステサロンの痩身施術の際に、指の先で毛穴の角栓を比較的簡単に絞りだしてもらう機会がありました。
 
それ以後、自分でも皮脂がたまっていると思ったときなどには、2週間に一度ほどの割合で、毛穴の皮脂を絞りだすようにしてみると、少しずつ毛穴が小さくなって、毛穴が目立たなくなって黒ずみにまでならなくなりました。
 
必要以上に力を入れると傷になって、傷跡が残る可能性もあるので、やさしく絞り出すイメージです。
 
角栓をすべて出しきる必要はなく、少しでも絞りだすのと、放置しているのでは肌の状態が全く違うので、自分なりに無理のない範囲で実践していました。
 
その後、引締め化粧水を使うだけですが、化粧をする時に、黒ずみを隠すほどファンデーションを塗らなくてもよくなりました。
 
でも最近はもっと手軽に肌を傷めず毛穴のケアができる、マナラホットクレンジングゲルが人気のようですね。
 
同時にエイジングケアもできるようで気になっています。